年収低い 婚活

年収が低い方の婚活サイト活用法

年収は結婚相手の条件で重要?

 婚活サイトの中では、年収はかなり大きなウェートを占めます。
 顔が見えない中でお相手を探すので、数値化できる条件が目を引くのは当然といえば当然です。

 

 不景気である昨今、どうしても結婚相手の収入が気になってしまいますね。
 自分の収入が少ないとなると、もちろん見られているだろうと気になってしまいます。

 

 確かに高収入の方は結婚相手としてとても魅力的です。女性の場合、結婚して子供を産むとなると生活の負担も増えますから、そういった点でも安心してお付き合いができます。
 検索する時点で、そういった強みがあると相手も見つかりやすくなります。

 

 しかし、収入というのはあくまで結婚相手として見た時の魅力の1つでしかありません。それが全てではないのです。
 世の中には「収入が少なくても構わない」といった方もたくさんいます。

 

自分にないものを埋める感覚で相手を探す

共働きは年収不足を埋める最高の方法

 年収を重視する方のひとつの見方としては、「勤労意欲があるかないか」を見たいという面もあります。
 やはり、年収200万円程度なら、バイトなのか、転職を繰り返してあまり働く気がないのか?という見方もできます。
 努力の結果年収が低いのは許せても、根っからの怠け者は許しがたいですよね。

 

 また、相手に足りないものを埋めるという発送もありです。
 あなたが男性であれば、「結婚をしても仕事を続けたい」という女性を探せばいいのです。
 今は女性も社会進出していて、仕事に生きがいを見出していらっしゃる方もたくさんいらっしゃいます。
 その中には、「結婚しても共働きをしたい」という方や、「収入は自分で稼いでいる分だけで大丈夫だから、男性に主夫になってほしい」と言う方もいるのです。
 そういった方とお付き合いをしてみればいかがでしょうか。

 

 あなたが女性でも、「専業主婦になってくれる人を探している」「パート程度に稼いでくれたら問題ない」という方はたくさんいらっしゃいます。

 

 なので、収入という結婚相手としての魅力を上げられないのであれば、他の魅力を磨きましょう。
 「家事ができるようになる」というのが、手っ取り早く上げられる魅力でしょうか。

 

 収入が少ないままで結婚となると、共働きをするか、主婦(主夫)になるかの選択をすることになると思いますが、どちらの場合でも家事ができなければ話になりません。
 今では全自動の家電も増えていますから、家事と言っても難しいことはありません。
 洗濯物干し、アイロンがけ、お皿洗い、定番料理の作り方などを覚えると、生活には困らないのではないかと思います。
 上げられない部分に固執しないで、プラスにできる部分を探してみましょう。

 

 エキサイト恋愛結婚で本当に出会った体験談トップページへ

年収が低い方の婚活サイト活用法関連ページ

バツイチ・子どもが居る方の婚活法
バツイチ・子持ちは確かにハンディですが、それをプラスにした発言や行動が、幸せを呼びます。前向きな自分をアピールすることで、相手を引き寄せます。
容姿に自信がない方の婚活サイト活用法
容姿が悪い=結婚できない、これは幻想です。 結婚相手にルックスを望んで居る方は意外に少ないです。清潔さと自分の長所をアピールすることで、容姿の自信のなさはかなりカバーできるでしょう。