バツイチ 婚活

バツイチ・子どもが居る方の婚活法

バツイチの婚活は、離婚をプラスに変えることで成功する

 バツイチの方、子供がいらっしゃる方も婚活サイトに登録してらっしゃるでしょう。
 何もない方と比較すると、どうしてもこれがハンディキャップになってしまいますね。
 バツイチというと、「何か問題があるから離婚されたのではないだろうか」と勘繰られたり、子供がいると言うと、「結婚して、自分の子でない子を育てる覚悟がない」と思われてしまうかもしれません。
 しかし、それは仕方のないことです。あなたが歩んできた人生で起こったことですから、そう言われる方とは「相性が合わなかった」として諦めましょう。
 そういった過去を背負いながらも、前向きに生きるあなたを魅力的に思う相手も必ずいます。
 一番いけないことは、自分でそういった経歴を否定してしまうことです。

 

前向きな発言・行動がハンディキャップを覆す

 人は、ネガティブな発言を嫌います。
 「どうせバツイチの自分となんか結婚してくれないでしょう?」とか、「子供持ちなんて、重いよね」と、自ら言ってしまうことで、相手から言われて傷付くことはなくなります。
 でも、相手は「そんなことないよ」と言いながら、心が暗くなることを嫌ってあなたに近付かなくなるでしょう。
 そうではなく、そういった経歴が今のあなたにとってプラスになっていると相手に思わせることが重要です。

 

 「離婚してしまったが、結婚したことは自分にとって色々考えさせる良い期間だった」とか、「子供がとっても良い子で毎日一緒にいて楽しい!」とか、プラスに捉えることはいくらでもできます。
 むしろ何もなかった頃より多くの経験をして人として魅力的になっているでしょうから、卑屈になることはありません。
 そうして明るく話しているうちに、相手も「この人となら、このハンディキャップなんて何ともない」と思ってくれるようになるでしょう。
 大切なのは、うまくいかないことが全てその理由によるものだと思い込み、卑屈になってしまわないことです。
 バツイチでも子持ちでも、うまくいく人はうまくいきます。要はあなたの魅力なのです。

 

 エキサイト恋愛結婚で本当に出会った体験談トップページへ

バツイチ・子どもが居る方の婚活法関連ページ

年収が低い方の婚活サイト活用法
年収は結婚条件の中ではかなりのウェートを占める項目ではありますが、それをあまり気にしない方も多くいます。悩んでも年収は上がりません。それより自分の長所を磨きアピールするほうが効果的です。
容姿に自信がない方の婚活サイト活用法
容姿が悪い=結婚できない、これは幻想です。 結婚相手にルックスを望んで居る方は意外に少ないです。清潔さと自分の長所をアピールすることで、容姿の自信のなさはかなりカバーできるでしょう。